仕事として割り切るのも大切ですが人としてどうなのでしょうか

東名高速道路で起きたあおり運転の裁判が開かれました。
あおり運転がなかったら、事故で亡くなるということもなかったはずです。
被告は以前からカッとなりやすい性格でこの事件の前からあおり運転を繰り返していたそうです。

そんな被告についた弁護士。
なんと無罪を主張してきた、ということで驚きました。
被害者遺族は殺人事件じゃないか、ということまで言っているのに無罪の主張。
本当にあきれました。
いくら弁護士が無罪を勝ち取りたいからと言って、あまりにもひどい弁護だと思いました。
弁護士は本来であれば正しい判決が下るように真実を明らかにする、という仕事をしなければいけません。
嘘をつくことを薦めたり、都合の悪いことには覚えていませんと言いましょう、と罪を逃れるためのアドバイスをする仕事ではないはずです。

依頼人が有利になるように動く、ということが仕事ですが、それでもこの事件に関しては無罪を主張するのは人としてどうなのか、と思ってしまいます。
被害者遺族の心の傷に塩を塗るような主張だと思います。ミュゼ 新宿