首席入団でトップスターになった安蘭けいさん

元宝塚歌劇団星組トップスターの安蘭けいさん。1991年に77期生として入団しました。入団時の成績は、首席でした。
雪組に配属になり、1996年宝塚歌劇で初めて上演された『エリザベート』ではエリザベートの息子ルドルフの子供時代に選ばれ、歌声を披露しました。7年目までの若手だけで演じる新人公演では、黄泉の帝王トートで主演を務めました。
星組へと組替えになり、2003年『王家に捧ぐ歌』では、エジプトに囚われているエチオピア王女・アイーダを熱演しました。エジプトの将軍ラダメスとの愛を情熱的に演じました。退団後にも、安蘭さん主演で舞台『アイーダ』が上演されました。
2006年『ベルサイユのばらーフェルゼンとマリー・アントワネット編ー』では、アンドレとオスカルの2役を演じました。
同年トップスターに就任しました。宝塚大劇場お披露目公演は和物のショー『さくら』と盗みを働くダゴベールを演じた『シークレット・ハンター』でした。2009年に宝塚歌劇団を卒業しました。デリケートゾーン 黒ずみ なぜ