あの有名人が、若い頃と比べてずいぶん容姿が「劣化」したらしいー人の容姿を評するときに、「劣化」という言葉が使われるようになってずいぶん経ちます。
劣化というのはそもそも物に対して使う言葉であり、人に対して使うなど品がなさすぎると思っていたのですが、今やすっかり市民権を得たようで、あらゆる報道で耳にするようになり残念に思っていました。
また、劣化という言葉を使わなくても、芸能人の方に対して「若い頃の容姿と違いすぎ」「おばさん/おじさんになった、老化が進んだ」などと、明け透けに表現することが最近あまりにも多いような気がします。
今日も、ネットでニュースを拾い読みしていたら、原田知世さんの最近の容姿を批判するような記事がありました。
「昔と比べてすっかりおばさんになった」「イメージが崩れた。できたら出てこないでほしかった」などと辛らつなファンも声も多数取り上げられていましたが、こうした声を堂々と記事に取り上げること自体がおかしいと思います。
芸能人、ましてやかつてアイドルとして活躍されていた方なら、ある程度容姿を云々されてしまうのは仕方がないことと思います。
しかし、人間年を取れば容姿が変わるのが当たり前であり、それを「劣化」「残念」と表現するのはあまりにも品がないと思います。
まるで年を取り容姿が変わるのが悪いことのように受け取られる今の風潮は、どうかしていると思います。
今は男性も女性も強迫的に自分の外見に気を遣うご時世ですが、もっと人格や教養など大事なものを磨くことに気を遣う姿勢を、若い世代に伝えていくことの方がよほど大事だと思いました。

以前から占いをして貰うことは好きだったのですが、最近占いに纏わる用語も知るようになりました。
とは言っても大したことではないのですが、その一つがコールドという言葉です。
悪い意味で使われることが多い言葉ですが、これはあまり語っていないのにそれだけで決め付けてしまうような鑑定をすることだそうです。
私の好きな鑑定士さんもこのように書かれてしまっていたのですが、鑑定士さんの中には沢山情報を提供することで鑑定の精度を上げることが出来る人もいるので提供した情報も少ないのにコールドだと決め付けるのは良くないなと思いました。
そしてもう一つがアゲ鑑定という言葉です。
これは本当は良い結果ではないのに凄く良い結果のように見せ掛ける鑑定のことです。
私が昨日初めて鑑定して頂いた先生がアゲ鑑定と書かれてしまっていました。
実際に鑑定を受けてみた感じですが、結果は良かったのですが特にアゲているという印象はありませんでした。
現状が苦しい思いをしていることをよく理解してくれましたし、鑑定が終わってメールをした所丁寧な返信も下さいました。
そのような先生がわざわざアゲ鑑定をするようには思えないんですけどね。http://www.zeorymer.com/musee-vio/

『デスノート』を描いていた漫画家さんがカバーを担当していた『人間失格』しか知らなくて申し訳ないのですが、すごい作家らしい太宰治さんの命日は6月19日で桜桃忌と呼ばれています。現在でもファンの方々が彼の墓地にお参りすることもあるようです。ツイッターで写真を見たのですが、そのお墓の文字が彫られている窪みに、さくらんぼをファンが詰めちゃっていました。なんかすごかったです。おぉ、これが「桜桃(おうとう=さくらんぼのこと)忌」か、と思わせるインパクトがありました。それを見て、そういえば私が子どものころ、お墓で似たようなもの(?)を見たな、と思い出しました。たしか、5歳くらいだったと思います。季節は忘れてしまいましたが、雨が降っていて半袖だったので、冬ではなかったはずです。共同墓地にあるうちのお墓の、文字が彫られているところに、何かがいたんですね。最初、ちっちゃなカエルが入り込んで雨宿りしてるのかな、と思ったのですが、よく見ると魚なんです。幼なかったころの事なので見間違いだったのかもしれませんが、図鑑で見たミノカサゴみたいな形をしていた気がします。あれはなんだったんだろう? とちょっと気になります。虫か何かを見間違えたのでしょうか。

昨日の話になるのですが、仕事が休みだったため部屋の片付けとかをしている最中に窓が少し空いていたらしくそこからスズメバチが1匹侵入してきてかなりびっくりしました。

最初は部屋の中を飛んでいて、居間にあるハエたたきやゴキジェットを取りに行き戻ってみると部屋の中にはいなくなっていて、まずいと思い周囲を確認して見たら玄関のほうに逃げていたので追い込んでなんとか駆除する事ができました。

この季節になると蜂とかも多く出てくるので気をつけないといけないなと思いました。

ゴキジェットは蜂にも効果があるらしく、実際に使ってみたら駆除できる事ができたので噂は本当だったんだと実感しました。

外仕事をしている方は特にこの季節は気をつけるようにお願いします。どこから蜂が襲ってくるか分からないため、警戒しつつ仕事するようにお願いします。

ジメジメしたり蒸したりする季節ではありますが、体調管理をしっかりと行いながら1日を過ごしていくようにしましょう。

 最近親がスマホに変えたので、色々と設定をしてあげたついでに、LINEも覚えてもらいました。
 電話のほうが便利な時はありますが、でも、メールと比べると絶対にLINEの方が便利ですもんね。
 父親は元々メールすらしない人だったので、取り敢えず母親だけ。
 最初に友だち登録したのは当然私で、私が自分のスマホと母親のスマホの両方を持って1人でふりふりふりふり……と。
 そして私はいつも友だち登録が成功したかのテストでは、適当にスタンプを1個送るのですが、母はまだスタンプは難しいかな?と思い、何か適当な短文を送ってもらったのですが……。
 普通は、「こんにちは」とか「よろしくね」とかですよね?
 何故か、予測変換で最初に出て来たからといって「ごめんなさい」と送られました(笑)

 その後、弟にも送ってみたり。
 こっちは普通にしっかりと「お母さんです。ライン始めました。」と最初の挨拶らしい挨拶を送ってもらったので、詐欺と思われる心配の無い返事が返って来ました。

 しかし翌朝早速、LINEで解らない事があるからと電話で聞いてくるのは……最初なので仕方ないですね(笑)

私は現在、ウォーキングにハマっています。休日に1時間ほど近所の道を歩いています。きっかけは2年前、ダイエットの一環として取り入れたことです。学生時代から運動が苦手で、大人になっても嫌いだったのですが、体型をどうにかしたくて、歩くくらいならできるかもしれないという軽い気持ちで始めました。最初は自宅付近の知っている道を歩く程度でしたが、次第に慣れてくると知らない道も歩くようになりました。すると、ネットで調べても出てこないような小さくてもオシャレなお店を見つけたり、道端に咲いている綺麗な花に癒されたりするなど、今まで住んでいた街にも関わらず知らなかった素敵な発見をたくさんしました。そして元々は「ダイエットのため」として義務的にやっていたのが、次第に楽しみになっていきました。平日は忙しいのでなかなか出来ませんが、休日に1時間ほど歩く習慣がつき、5キロほど減量できました。これからも続けていきたいです。ひげ ミュゼ

ここ1年ほどはまっているのが、インターネット上のポイントサイトと呼ばれるサイトでのお小遣い稼ぎです。例えば、ゲームをしたり、そのポイントサイト経由で何か商品を買ったりすると、ポイントが貯まり、それをあとから換金することができるサービスです。これを日々利用して楽しんでいます。何が楽しいのか。それはあり得ないほど得をすることができる点です。例えば人数限定ではありますが、ある化粧品を購入すると、購入した金額以上のポイントがあとから返ってきたりすることがあるのです。50パーセントオフは当たり前、の世界です。また普通ゲームを楽しむと、代金がかかったりしますが、ポイントサイトにあるゲームをすると、得点分がポイントとなり、それが貯まれば換金できたりします。それ以外にも、日々の食料品を安く手に入れることができたり。日々の買い物を預かる身としては、こうやって少しでもお得に生活できるというのはとても嬉しい限りです。こういう世界があるとは知りませんでした。そして換金できるたびに嬉しくなっています。

出勤途中で立ち寄るコンビニの一つに非常にガッカリな事をする店員さんがいます。嫌な態度を取っているとかでは無いのですがお湯を入れるカップ物をその店員さんのレジへ持っていくとカップ物イコールカップ麺という決めつけでやっているのかカップスープでも割り箸を入れられてしまいます。

その時に「スプーン下さい」と言えば良いのだけど時間に余裕がない時が多いので「もういい!」と心の中で思いそのまま店を出てしまいます。他の店員さんはちゃんとカップスープにスプーンを入れてくれるのでそのコンビニに入る時は「気が利く店員さんがレジにいますように」と思いながら入るのですが大抵割り箸の店員さんがレジにいるので余計に立ち寄る頻度は低いです。

カップのリゾットを買った時も割り箸を入れられた時は固まってしまいました。どちらかというとお粥に近いんだからスプーンの方が良いんだけどなぁ…。会社の食堂の自販機に設置しているヨーグルトやプリン用のスプーンでこの時は解決しましたがまたしばらくの間このコンビニは行かないかもしれません。http://www.fxanimation.co/

学生の時は、結婚することや子どもを持つことなんて想像すらできませんでした。でも、30歳を過ぎて、自宅で近所の子どもの声を日常的に聞くようになり、だんだんと家庭を持つことが現実的に考えられるようになりました。
大学生の頃は、周囲の友人が「結婚したい」とか「子どもを産みたい」と言っていても、全然共感することができず、どうしてそう感じるのかが不思議に感じられたくらいでした。
でも、今となってはそれが現実味を持って感じられます。妻になること、そして母親になることが少しずつ自分の夢になってきました。独身の生活とは、全く違う生活になることは間違いないでしょう。1人で過ごす時間も極端に減ると思います。そして、自分のことだけでなく、夫や子どものことを考えることになり、責任も大きくなります。責任が大きくなれば、独身の頃の自由を懐かしく感じられるかもしれません。
自由は失うかもしれませんが、それ以上に得られるもの、代え難いものを感じられるような気がしています。

名古屋で、美味しいハンバーグがいただけるお店を紹介します。
呆喰亭信夫(ほうくていしのぶ)というお店は、信夫ハンバーグ(1100円ほどだったと思います。)は、
ハンバーグに厚みがあり、ボリューム満点で、ジューシーなハンバーグに、トッピングされたフライドオニオンやデミグラスソースの
旨みが、良く合うおいしい一品でした。
その他、チキンのスパイス焼きトマトソース(950円ほどだったと思います。)も、美味しいと思います。
こちらのお店は、名古屋市東区にある、お店です。
グリルプランセスというお店は、名古屋市千種区にある、お店です。
こちらのお店の看板メニューという、ハンバーグステーキは、肉汁たっぷりで、ふわりとした食感が良く、
美味しかったです。
普通サイズは、180gで、ジャンボサイズは、その倍近くの大きさがあり、ボリューム満点でした。
ジャンボハンバーグ(1180円ほどだったと思います。)は、肉の量が300g以上あるそうで、
鉄板に乗って提供されており、熱々で、コクのある、ハンバーグソースの旨みと、肉汁たっぷりのハンバーグの
旨みが良く合い美味しかったです。また、グリルチキン(970円ほどだったと思います。)も美味しいと思います。